妊娠中でもコラーゲンドリンクを飲んでも良い?胎児への影響は?

MENU

妊娠中でもコラーゲンドリンクを飲んでも良い?胎児への影響は?

妊娠をしたら、食べ物や飲み物はすべて胎児に影響を与えます。
栄養素をたくさん摂れば赤ちゃんにも栄養を与えられますが、添加物なども赤ちゃんに与えることになりますので、コラーゲンが胎児の栄養になるのか悪影響になるのか気になるところですね。

 

結論から言うと、妊娠中でもコラーゲンドリンクを飲むことは問題ありません。
そもそもコラーゲンは体内で合成されるものですから、外部から摂取したとしても害はないのです。
コラーゲンというのは、皮膚の真皮層でハリや弾力を支える成分で、軟骨部分では潤滑油の役割をしています。
他にも体の構成に欠かせない成分なので、栄養素が胎児にたくさん使われる妊娠中は、不足しないようにするのが気にする必要もあります。

 

ただし、コラーゲンドリンク自体は胎児に悪影響を与えるものではありませんが、一緒に含まれる成分には注意が必要です。
商品によっては、コラーゲンの吸収を促進したり、コラーゲンと一緒に摂ることで美容効果を高める成分が配合されています。
その成分が赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるので、摂取前には成分をチェックしましょう。

 

胎児に良くないと言われるのは、ビタミンAと大豆イソフラボンです。
どちらも美容効果がある成分ですが、ビタミンAの過剰摂取は胎児の成長に影響を及ぼすリスクがありますし、大豆イソフラボンは卵巣に害を与えると言われています。

 

基本的には妊娠中でも飲んで良いコラーゲンドリンクですが、成分を見ても安全性に不安がある場合は、メーカーに問い合せてから摂取するようにしましょう。
また、箱の裏面や注意書きなどをよく読んでしっかりと確認しておくことです。
念のため、お医者さんに相談してみると、適切なアドバイスをしてくれると思いますよ。